【英語スラング】birthday suitの意味(裸)

今回はスラングを紹介したいと思います。



【birthday suit】

1. 裸

“birthday suit”“産まれた日”“スーツ”ということで、“裸”という意味となります。

 

ちなみに、普通に“裸”と言いたいときは“naked”“nude”を使います。

ここで“naked”“nude”の違いは何か?という疑問が出てくると思いますが、“naked”は覆われていないという大きな意味があり、例えば、下記のような使い方もできます。

naked fact
(ありのままの事実)

naked eye
(裸眼)

 

この他に、“buff = 素肌”という単語を使って、“in the buff = 裸”という表現方法もあります。

例文

Taro: I got really drunk and ran around in my birthday suit!
(めちゃくちゃ酔っ払って、裸で走り回ってたわ!)

Mike: That was cool man.
(めっちゃおもろかったで。)

英話学習はとにかく日々の生活に英語を取り入れまくることが重要です。
スマホの設定を英語に変える、英語の本を持ち歩く、海外ドラマを観る、など色々ありますが、アウトプットの機会を作るために、オンライン英会話でとにかく毎日少しでも話すことをオススメします!

【オンライン英会話】15社特徴比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です