仮想通貨に関連する英語

今回は仮想通貨関連の英語を紹介したいと思います。

私も、お遊び程度に仮想通貨を買ったり売ったりしているのですが、たまに聞き慣れない横文字を目にするため、調べてまとめてみました。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨関連単語一覧

Cryptocurrency = 仮想通貨

Cryptocurrency Exchange = 仮想通貨取引所

Alternative Coin = アルトコイン
ビットコイン以外の仮想通貨

Shit Coin = 草コイン
どこのだれが作ったかよくわからない仮想通貨

Blockchain = ブロックチェーン
分散型ネットワーク、仮想通貨の取引を記録したブロックをチェーン状につないだもの

Fintech = フィンテック
Finance(金融)× Technology(技術)

 

Fund = 資金

Exchange = 交換

Balance = 残高

Deposit = 預け入れ

Withdrawal =払い戻し

Transaction = 取引、売買

Open order = 公開注文
成約していない注文

Order history = 注文履歴

Trade history = 取引履歴

Last price = 最新価格

24h volume = 過去24時間の取引額

Verification = 承認

Enable = 有効にする

2FA = 2段階認証

Wallet = ウォレット
仮想通貨を保管する場所

 

Cold wallet = コールドウォレット
インターネットに接続されていないウォレット

Hot wallet = ホットウォレット
インターネットに接続されているウォレット

Mining = マイニング
仮想通貨の取引情報をデータの整合性を取りながら取引の承認・確認を行うことで、ブロックチェーンに追記していく作業、報酬として仮想通貨を得ることができる

Miner = マイナー
マイニングを行う人のこと

Silk Road = シルクロード
初期のビットコインが普及するのに一役買った、麻薬などの違法商品を扱っていた闇サイト

Scalability = スケーラビリティ
拡張性のこと

Smart contract = スマートコントラクト
契約の執行を自動的に行えるコンピュータープロトコルのこと

Token = トークン
企業や個人が自由に発行できる、モノやサービスと交換することができる代替貨幣

Node = ノード
仮想通貨ネットワークに接続している端末

Peer to Peer = ピア・ツー・ピア
ネットワーク上で対等な関係にある端末がやりとりをする通信方式のこと。政府が発行する通貨に対して、ビットコインには発行元が無く、ユーザー同士がやり取りできる仕組みであるためP2Pだと言われる

Proof of Work = プルーフ・オブ・ワーク
ビットコインのP2Pネットワークの中でコインが二重に使用されることを避けるために、取引の履歴を参加者同士の計算により確認してセキュリティーを保護すること

Proof of Stake = プルーフ・オブ・ステーク
プルーフ・オブ・ワークの代替システムとして使用されているもの。資産の保有量によってセキュリティーが保護される

Private Key = プライベートキー
ビットコインの取引時に署名を行うために必要になる鍵のこと

Public Key = パブリックキー
秘密鍵と対になる、公開されている文字とアルファベットが組み合わさった鍵のこと

ICO = イニシャル・コイン・オファリング、新規仮想通貨公開
資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行/販売し、資金を調達する手段/プロセスのこと

White paper = ホワイトペーパー
ICO時にそのコインを作る目的、意義、配布方法などを説明した文書



coincheck、Zaif、bitFlyer、BITPoint、DMM Bitcoin、GMOコインQUOINEXなど、日本でも色々な企業が仮想通貨に参入していますが、日常生活の中に英語環境を作るため、海外の取引所を使ってみることをオススメします。

ちなみに手数料は海外の取引所の方がかなり安いです。私が使っている海外の取引所は、BinanceCOINEXCHANGEの2つですが、どちらも使いやすいのでオススメです。Binanceは世界最大手の取引所なので、情報収集のためにも登録MUSTです。

英話学習はとにかく日々の生活に英語を取り入れまくることが重要です。
スマホの設定を英語に変える、英語の本を持ち歩く、海外ドラマを観る、など色々ありますが、アウトプットの機会を作るために、オンライン英会話でとにかく毎日少しでも話すことをオススメします!

【オンライン英会話】15社特徴比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です