【英語スラング】Low-keyの意味(目立たない)

今回はスラングを紹介したいと思います。


【Low-key】

1. 控えめな
2. 目立たない

 

“Low-key”は”目立たない”とか”控えめな”とかいう意味ですが、語源は写真の暗いトーンのことを示す言葉で、”暗い=目立たない、控えめな”という感じで使われるようになったスラングです。

It comes from a photography term that uses low lighting, that is usually dark, with high contrast and many shadows, often associated with noir-style films.

例文

A: I’ve gotta work tomorrow so tonight’s going to be a low key event.
(明日仕事に行かないといけないから、今日は控えめなイベントになる予定です。)

英話学習はとにかく日々の生活に英語を取り入れまくることが重要です。
隙間時間を有効利用して、ガンガン勉強していきましょう!

【これだけやっとけば大丈夫】英語学習を基礎からやり直すためのお勧めアプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です