【英語スラング】nailed itの意味(やったじゃん)

今回はスラングを紹介したいと思います。



【nailed it】

1. やったじゃん

“nail”“爪”とか“釘”とかいう意味の単語で、”nailed it”という動詞としての使い方だと”釘を打つ”という意味となるのですが、スラングでは”やったじゃん”という全然違う意味で使われています。

イメージとしては、”細い釘を綺麗に打ち込めた!やったじゃん!”というところから来ているみたいです。なので、何かをやり遂げたときに、”nailed it!”と感情を込めて使う感じがしっくり来ます。

例文

Taro: So wait, you’re both a gamer and a dancer?
(ちょっと待って、君はゲーマーでもありダンサーでもあるってこと?)

Jane: Well yeah.
(そうだよ。)

You: Nailed it!
(よっしゃ!)

英話学習はとにかく日々の生活に英語を取り入れまくることが重要です。
スマホの設定を英語に変える、英語の本を持ち歩く、海外ドラマを観る、など色々ありますが、アウトプットの機会を作るために、オンライン英会話でとにかく毎日少しでも話すことをオススメします!

【オンライン英会話】15社特徴比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です