【英語スラング】thirstyの意味(切望している)

今回はスラングを紹介したいと思います。



【thirsty】

1. 切望している

“thirsty”は本来“乾いている”とか“干上がっている”とかいう意味の単語ですが、スラング表現で“切望している”という意味で使うこともできます。

これは、“喉が渇いていてめっちゃ水を欲している、乾いているところに水が一気に染み込む”というようなニュアンスから来たスラングですが、日本語の“飢えている”と同じようなものだと考えてよいでしょう。

“男に飢えている”みたいな言葉がありますが、“thirsty”も結構性的なシチュエーションで使われることが多いです。

例文

Taro: I always get thirsty looking at your fine tits.
(あなたの素敵なパイオツを見ていると、いつも欲情してしまいます。)

Mika: Oh my god!!
(オーマイゴッド!)

英話学習はとにかく日々の生活に英語を取り入れまくることが重要です。
スマホの設定を英語に変える、英語の本を持ち歩く、海外ドラマを観る、など色々ありますが、アウトプットの機会を作るために、オンライン英会話でとにかく毎日少しでも話すことをオススメします!

【オンライン英会話】15社特徴比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です