【英語スラング】trillの意味(本物)

今回はスラングを紹介したいと思います。



【trill】

1. 本物

“trill”“true”+“real””本物”という感じで使うことができます。HIPHOPカルチャーから生まれたスラングで、イケてるモノや人に対して“本物(フェイクじゃない)”というような気持ちを表現するときに使います。

King of the Hillというアメリカのアニメを元に作られたKing of the Trillというパロディを見つけたので、動画を貼っておきます。

Reblogged and reposted innumerably, “King of the Trill” was clearly Trill City’s most popular design. The phrase had already been coined by Bun B. He even used it as a mixtape title. Despite the similar sound to Mike Judge’s “King of the Hill”, the connection between the two had never been made popular or even apparent until we put it on the internet.

The portrait of Hank Trill is a great combination. It brings together the cartoon series known for characterizing our state so accurately, with another Texas legacy, “Trill”. The fusion of these two concepts not only makes sense, it is an obvious advancement for fans of rap, animation, humor, and Texas pride. Although clever, it is perhaps lucky that Trill City came up with it first. And while biters should never be condoned, it was inevitable that it would be copied.

例文

Taro: It was so much fun. See you later man!
(めっちゃ楽しかったわ。じゃあまた!)

Mike: Yeah, keep it trill!
(おう、また!)

“keep it real”は別れ際に使われるスラングで“自分自身に正直にやれよ!”みたいな感じ

英話学習はとにかく日々の生活に英語を取り入れまくることが重要です。
スマホの設定を英語に変える、英語の本を持ち歩く、海外ドラマを観る、など色々ありますが、アウトプットの機会を作るために、オンライン英会話でとにかく毎日少しでも話すことをオススメします!

【オンライン英会話】15社特徴比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です