【英語スラング】saltyの意味(機嫌が悪い)

今回はスラングを紹介したいと思います。


【salty】

1. 機嫌が悪い

“salty”“塩”を意味する“salt”の形容詞ですが、スラングで“機嫌が悪い”という意味でも使うことができます。

日本語でも“辛口”という”味で厳しさを表現する”言葉がありますが、“辛口”に似た系統のスラングだと考えるとわかりやすいです。

例文

A: She was very salty after they roasted her.
(彼女は彼らにからかわれた後、とても機嫌が悪かった。)

【英語スラング】Roastの意味(からかう)

英話学習はとにかく日々の生活に英語を取り入れまくることが重要です。
スマホの設定を英語に変える、英語の本を持ち歩く、海外ドラマを観る、など色々ありますが、アウトプットの機会を作るために、オンライン英会話でとにかく毎日少しでも話すことをオススメします!

【オンライン英会話】15社特徴比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です