【英語スラング】Mary Janeの意味(マリファナ)

今回はスラングを紹介したいと思います。

あまり知られていないけど、ガチで一番オススメしたいオンライン英会話を紹介してます。

ネイティブの先生なので、非ネイティブ講師では答えられないスラングの正しい使い方も聞けちゃいます。

また、グループレッスンには世界各国の生徒が参加しているため、ネイティブ圏の英語学校へ留学しているような雰囲気を味わえます。

EF English Liveはガチで一番オススメ【オンライン英会話】

【Mary Jane】

1. マリファナ

“Mary Jane”は人の名前ですが、スラングで“マリファナ”という意味を持ちます。語源は定かではないですが、“marijuana”“メリージェーン”と読んだみたいな説があります。

まあ語源はさておき、歌の歌詞などで“Mary Jane”が出てきたら、“マリファナ”のことなんだなーと思ってもらえば大丈夫です。

 

また、メリージェーン(Mary Jane)という、ストラップシューズの一種を指す用語もあります。

 

Youtubeで検索したらあからさまな動画が出てきたので貼っておきます。

例文

Taro: Hey man wanna go smoke some MaryJane?
(メリージェーン吸いに行くかい?)

Andre: Hells yeah.
(もちろんだぜ。)

英語が話せるようになるためには、継続的なアウトプットが一番効果的です。

低価格で気軽に始められるオンライン英会話をまとめたので、興味のある方は是非ご覧ください。

【本音】ワイがガチでオススメする格安オンライン英会話2社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です