【英語スラング】Mary Janeの意味(マリファナ)

今回はスラングを紹介したいと思います。

最近有名になりつつある学習法、シャドーイングについてまとめてみました。

英会話を習得するための近道だと思うので、時間ある方は是非ご覧ください。

【教材紹介】シャドーイングはコスパ最強の英語学習法

【Mary Jane】

1. マリファナ

“Mary Jane”は人の名前ですが、スラングで“マリファナ”という意味を持ちます。語源は定かではないですが、“marijuana”“メリージェーン”と読んだみたいな説があります。

まあ語源はさておき、歌の歌詞などで“Mary Jane”が出てきたら、“マリファナ”のことなんだなーと思ってもらえば大丈夫です。

 

また、メリージェーン(Mary Jane)という、ストラップシューズの一種を指す用語もあります。

 

Youtubeで検索したらあからさまな動画が出てきたので貼っておきます。

例文

Taro: Hey man wanna go smoke some MaryJane?
(メリージェーン吸いに行くかい?)

Andre: Hells yeah.
(もちろんだぜ。)

英語が話せるようになるためには、継続的なアウトプットが一番効果的です。

低価格で気軽に始められるオンライン英会話をまとめたので、興味のある方は是非ご覧ください。

【本音】格安オンライン英会話の比較とおすすめ2社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です