【英語スラング】beefの意味(喧嘩)

今回はスラングを紹介したいと思います。

英話学習はとにかく日々の生活に英語を取り入れまくることが重要です。
隙間時間を有効利用して、ガンガン勉強していきましょう!

【これだけやっとけば大丈夫】英語学習を基礎からやり直すためのお勧めアプリ

【beef】

1. 喧嘩
2. 不満

“beef”は普通の意味だとご存知の通り“牛肉”ですが、スラングだと“喧嘩”とか“不満”とかいう意味でも使うことができます。

 

例えば、

I have a beef with my company.
(会社に不満がある。)

Hey, do you want beef?
(へい、文句あんの?)

みたいに使うことができます。
どうなるかは、下のドッキリ動画をご参照ください。

 

また、“beef”は単純に“筋肉”という意味で使うこともでき、“beef up”とすれば動詞で“強化する”という意味で使うこともできます。

例文

Taro: Hey, dickhead!
(おーい、クソ野郎!)

Jake: What? You wanna beef?
(は?喧嘩したいの?)

世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With

【英語スラング】dickheadの意味(クソ野郎)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です