【英語フレーズ】バッファの言い方(buffer)

今回は英語のスラングを紹介したいと思います。

【buffer】

1. バッファ

 

ビジネスシーンなどでよく使われるバッファですが、これは日本語とほぼ同じニュアンスで使うことができます。

We have 2 more days as a buffer.
(バッファとしてあと二日あります。)

みたいな感じです。

 

ちなみにメインの意味としては、衝撃を和らげるための緩衝材となります。また、スラングとして、老いぼれという意味で使うこともできます。

例文

Emma: OMG, I think we can’t finish the assigned task.
(あー、多分私らアサインされてるタスク終わらせられないかも。)

Taro: No problem, Emma. We actually have 1 more day as a buffer.
(大丈夫、エマ。実はバッファとしてあと一日余裕があるんだ。)

英語が話せるようになるためには、継続的なアウトプットが一番効果的です。

低価格で気軽に始められるオンライン英会話をまとめたので、興味のある方は是非ご覧ください。

【本音】格安オンライン英会話の比較とおすすめ2社

ネイティブ講師のオンライン英会話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です