【英語スラング】potluck partyの意味(持ち寄りパーティ)

今回は英語のスラングを紹介したいと思います。

【potluck party】

1. 持ち寄りパーティ

日本でも宅飲みのときなどに”持ち寄りで!”となることがあると思いますが、こういう状況のときに使えるスラングがpotluck partyです。日本語で言うと持ち寄りパーティです。

potluck dinnerpotluck supper持ち寄りの夜ご飯という感じになりますが、このようにpotluckの後ろに何かを付け加えれば、持ち寄りの何かを表現することができます。

potluckは元々、

”突然の客に出すあり合わせの料理”

という意味の単語ですが、ここから転じて上のようなスラングで使われています。



例文

Mika: Will you go to the potluck party in Ken’s house tomorrow?
(明日ケンの家である持ち寄りパーティ行く感じ?)

Emma: Sure. I will.
(もちろん。行くよ。)

最近有名になりつつある学習法、シャドーイングについてまとめてみました。

英会話を習得するための近道だと思うので、時間ある方は是非ご覧ください。

【教材紹介】シャドーイングはコスパ最強の英語学習法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です