【英語スラング】Snitches get stitchesの意味(チクり野郎は痛い目にあう)

今回は英語のスラングを紹介したいと思います。

【Snitches get stitches】

1. チクり野郎は痛い目にあう

 

snitch密告者stitch縫い目ということで、チクリ野郎は縫わないといけないような怪我をするというような意味となります。

 

ちょっとワルい感じの人が使ったり、冗談っぽく使ったりする、そんなフレーズです。

例文

Emma: I will call the police now!
(警察に電話するね!)

Taro: You’d better not to do that. Snitches get stitches.
(やめといたほうが良いよ。チクリ野郎は痛い目にあうから。)

最近有名になりつつある学習法、シャドーイングについてまとめてみました。

英語ペラペラへの最短ルートだと思うので、時間ある方は是非ご覧ください。

【教材紹介】シャドーイングはコスパ最強の英語学習法

ネイティブ講師のオンライン英会話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です