【英語スラング】All the wayの意味(わざわざ)

今回は英語のスラングを紹介したいと思います。

【All the way】

1. わざわざ

All the wayにはいくつか使い方があるのですが、覚えておかないと想像し辛い使い方がわざわざとなります。

例えば、下記の様に副詞として使うことができます。

I went all the way to Shizuoka to eat hamburg steak at Sawayaka.
(さわやかのハンバーグを食べるためにわざわざ静岡に行きました。)

 

また最もスラングっぽい使い方としては、下記の様な会話で使うことができます。

How was the last night with her?
(昨日あの子とどうだったん?)

I went all the way.
(最後までやったよ。)

 

この他の使い方は、割と通常通りの意味と言う感じですが、下記の様な感じです。

That guy followed me all the way home yesterday.
(あの男、昨日家までずっとついてきたの。)

I agree all the way with him.
(彼に完全に同意です。)

例文

Mika: How come he said that all the way?
(彼はなんでわざわざそんなことを言ったの?)

Emma: I don’t know. Maybe he doesn’t love me anymore.
(わかんない。多分もう私のこと好きじゃないのかも。)

【TED】どんな外国語でも半年でマスターしてしまう方法

世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です