【英語フレーズ】could be betterの意味(あまり良くない)

今回は英語のフレーズを紹介したいと思います。

【could be better】

1. あまり良くない

 

Could be better良くなり得るということであまり良くないという意味となります。この表現は、How are you?と聞かれたときなどにも使えるので覚えておきましょう。

逆に、Couldn’t be betterというと、最高という意味となります。

 

また、悪いという意味のWorseでも同じ表現ができ、下記のようになります。

Could be worse.
(悪くない。)

Couldn’t be worse.
(最悪。)

 

ちなみに、文法的に正しくするとIt could be betterですが、Itは省略できます。そういうフレーズとして覚えておきましょう。

例文

Emma: How are you?
(元気?)

Taro: Could be better.
(あんまりかな。)

【TED】どんな外国語でも半年でマスターしてしまう方法

世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です