【英語スラング】toastの意味(乾杯)

今回は英語のスラングを紹介したいと思います。

【toast】

1. 乾杯

toastは映画などでも見かけることがあるので、使ったことがなくても知っている方は多いかもしれません。

例文としては、こんな感じです。

Let’s make a toast. Cheers!
(乾杯しましょう。乾杯!)

ここで違和感を感じる方もいると思いますが、toast乾杯のこと、cheersかけ声と覚えておいて良いです。

 

ちなみに、文脈で伝わるとは思いますが、パンのトーストについては、

I had a toast.
(私は乾杯の音頭を取りました。)

ではなく、

I had a slice of toast.
(トーストを食べました。)

と言いましょう。

 

この言葉の由来ですが、昔ワインにパンの欠片を入れて飲んでいたことからtoastを乾杯のときに使うようになったとのことです。



【英語フレーズ】飲みに行きましょう!の言い方

例文

Emma: Would you give a toast?
(乾杯の音頭とってくれますか?)

Taro: Thank you for coming today. Toast to our success!
(今日は来てくれてありがとうございます。私たちの成功に乾杯!)

最近有名になりつつある学習法、シャドーイングについてまとめてみました。

英会話を習得するための近道だと思うので、時間ある方は是非ご覧ください。

【教材紹介】シャドーイングはコスパ最強の英語学習法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です