【英語フレーズ】窓側の席の言い方(window seat)

今回は英語のフレーズを紹介したいと思います。

【window seat】

1. 窓側の席

 

飛行機に乗るとき、事前に座席を予約していなくても、当日空きがあればチェックインカウンターで座席指定できることがあります。

そんなとき窓側の席を指定したい場合は、window seatと言ってみましょう。

I’d like a window seat.
(窓側の席は空いていますか?)

という感じで、パスポートを提示するときに尋ねれば大丈夫です。

 

逆に通路側の席は、aisle seatと表現することができます。sが入っていますが、発音はアイル(ail)で大丈夫です。

例文

Emma: The window seat isn’t about the view, it’s about a wall to sleep against.
(窓側の席は景色の話しじゃなくて、寝るための壁が大事って話しなの。)

Taro: Oh, but I saw your seat is an aisle seat.
(ああ、でも君のシートは通路側だったよ。)

英語が話せるようになるためには、継続的なアウトプットが一番効果的です。

低価格で気軽に始められるオンライン英会話をまとめたので、興味のある方は是非ご覧ください。

【本音】格安オンライン英会話の比較とおすすめ2社

ネイティブ講師のオンライン英会話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です